スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

女子サッカーの熊谷紗希選手がtwitterの件で謝罪

E7868AE8B0B7E7B497E5B88C.jpg

私的な宴席で話した内容が同席した男子大学生によって「ツイッター」に書き込まれ、インターネット上で騒動となっている件について、サッカー女子日本代表DFでW杯初優勝に貢献した熊谷紗希選手(20)が言葉足らずで誤解を招いた発言について謝罪したとのことです。

W杯初優勝直後のヤフーニュースで優勝の記事とともに、ツイッターしている選手の紹介がされていましたが、その中にも熊谷選手が入っていました。(他に丸山選手、鮫島選手、永里選手が紹介されていました)
熊谷選手のツイッターを見てみると、男友達からの食事の誘いに、「おごりだからね~」等と答えていて、素朴な年頃の女性だなあと思っていたのですが、今回は男子大学生が悪乗りしてしまいましたね。

とは言っても、たわいもない監督の話や、金メダルをかじった写真をアップ、自身のiPhoneに丸山選手の上半身裸の写真があったことなど、これまでなら大したことなくても、今は時の人なので注目されてしまいました。

これから熊谷選手はドイツのプロリーグに行くので、このタイミングで話題になったことは良かったかもしれません。プロの自覚が芽生えることでしょう。熊谷選手にはますますの活躍を期待しています。

熊谷選手が下記のようなフランクフルトのユニフォームに名前が載るのももうすぐです。




スポンサーサイト

Tag:スポーツ  Trackback:0 comment:2 

観月ありさが清水アキラ3男と真剣交際



女優観月ありささんが、ものまねタレント清水アキラさんの三男で俳優の清水良太郎さんと

真剣交際しているのが報じられました。

観月ありささんは34歳で清水良太郎さんは22歳と12歳の年齢差がありますが、

化粧品のCMにも出演するほど若々しくて、清水さん、コロっといってしまいました。

そんな彼女はドラマ「華和家の四姉妹」に主演していますが、

それまでにもドラマ『ナースのお仕事』、『サザエさん』などでおなじみです。

そして14歳で『伝説の少女』で歌手デビューしたのがちょうど20年前になりますが、

当時から尾崎亜美さん、奥居香さん、小室哲哉さんなどそうそうたるメンバーが作曲していました。

『伝説の少女』の作詞は尾崎亜美さんですが、次のフレーズがとても印象的です。

「♪伝説の少女になりたいいつも夢見てた 一粒のシューティングスター 私の物語が始まるの♪」

伝説の少女になっている、観月ありささんがCM出演した化粧品




Tag:女優  Trackback:0 comment:0 

AKB48の”使用済み衣装”ヤフオク出品商品

akb48オークション商品
MTV Networks Japanが東日本大震災のチャリティー企画「MTV MUSIC OF HOPE」の一環で出品したもので、シングル「Everyday、カチューシャ」(キングレコード)のミュージックビデオ撮影時に着用された衣装

今をときめくトップアイドルAKB48の”使用済み衣装”が

ヤフオク出品されていることは、あのニュースまでは知りませんでした。

そうです、誰かが10億円をイタズラ入札したことですね。

注目タレントに関する商品だったため、マスコミが敏感に反応した訳ですが、

イタズラ入札した人はあんなに話題になって鼻高々でしょうね!

終了が7月12日22時39分で、現時点の現在の価格は520,000円ですね。













Tag:タレント  Trackback:0 comment:0 

眞鍋かをりがひやり(汗)発言

index_r1_c2.jpg

7月4日よりはじめたTwitterで下記の発言をされたら○にはセしか考えられないですよね。

「昼間っから ロケバスの中でエロい妄想が止まらない」

「これから人生初のカー◯ックスを体験してきます!!」

実は○はワが入るとのことでチャンチャン!


リツイートには次のようなやりとりもみられ、早くもファンの心をつかんでいるようです。

ファン:「かをりちゃん!私もカー○ックスしたい!」

眞鍋かをりさん:「あなたの場合は本当に『セ』が入っちゃうパターンでそ!!“」


眞鍋かをりさんのツイッター:@KaworiM0531

眞鍋かをりさんと言えば、プロアクティブのCMによくでていますね。



Tag:タレント  Trackback:0 comment:0 

『脱ぐ覚悟はできてます』発言の長澤まさみが出演した映画『岳-ガク-』



ボランティアの山岳救助である主人公の「島崎 三歩」(小栗 旬)を通して山のすばらしさを多くの人々知って欲しいという気持ち、

どんなアクシデントにも決してあきらめないこと、

山を愛するゆえ遭難者を決して責めず、仮に救助対象者が遺体であったとしても

「よくがんばった。」と労わりの声をかける人情がよく描かれています。

そしてなにより、いろんな生死を見てきた三歩の「生きろ」という強いメッセージが印象強い作品です。

長澤まさみさんは「椎名 久美」役として、山を好きになれない新米隊員が山岳救助の経験を通して、

葛藤しながらも成長していく女性を演じています。

昨今でもなお、登山中に遭難・滑落等の事故に巻き込まれる登山者が多いのですが、

「2010年(平成22年)の山岳遭難の件数は1942件、遭難者数は2396人(うち死者・行方不明者数は294人)」

山は何か人を惹き付ける魅力がありすばらしいところでもあるけれど、

少しの油断が命取りになる危険な所なのだと改めて思いました。

映画『岳-ガク-』は石塚真一氏による、山岳救助を題材とした漫画作品がもとです。

    ↓



Tag:映画  Trackback:0 comment:0 

売れ筋商品
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
ツヴァイ料金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。